花粉が飛び散っている今の季節に気をつけていること

花粉が飛び散っている今の季節に自分が特に気をつけているのは「そっと鼻をかむこと」「鼻水が止らないならすぐに鼻炎の薬を飲むこと」です。
鼻炎のお薬はいつも持っています。

それから眼に痒みが出たり赤くなった時のための目薬も常に手元に置いてあります。
わけは目に花粉が入って痒くなると掻かずにはいられなくなるから…。

さらにかき始めるとたちまち激しい痒みに変わってしまうのです。
眼が痒くなるとなかなか抑えることができず、いつでも目や目の周りを触ろうとしてしまいます。
我慢にも限界があるという意味ですね・・・。

しかしそのように眼に触れたり鼻をかむ回数が増えると人相が変わります。
鼻周辺はこすれて赤くなってしまいます。
酷い場合には鼻下の皮が剥けてしまうのです。
目だってあまり何度もこすっているとまぶたが腫れてきてしまいます。

こんなことではどんなにしっかりお化粧してもヘアスタイリングをしても台無しです。
無理をしないで鼻炎薬を服用しています。

三十歳を過ぎ、お肌の毛穴自体がすごく気になってきました。
最近では携帯のカメラ機能も優れていて、拡大画像にするとほっぺの毛の穴が見なかった事にしたくなるくらい。
なみだ型毛穴になってって、ネットでチェックしたら年齢肌により張りがなくなっていることが原因だとか。

思い起こせば、アンチエイジングなどまだまだと思っていた20代後半。
そのしっぺ返しが、こんなにもしっかりとでるなんて予想外でした。
加齢肌のケアには潤いが大切みたいなので、すぐに、モイスチュア効果のあるローションに変えました。
オイル状の美容液でケアする事にしたのも、エイジング対策です。

その他、習慣的にフェイスマスクでケアする事にしました。
ゆったりと湯船に入りながらの美容パックです。
お風呂で美容パックすると、シートの水分が飛ばずずっと潤ったままパックできます。

この頃は、自分の美容液で顔パックをおこなっていますが、湯上り後もしっとりとしています。
美容化粧水等の浸透率もアップしてるみたいなので、おフロタイムの美容パックは週3回くらいでやりつづけています。

自分が美容に関して気を配っている事は十分な睡眠です。
そもそも昔からしっかりと寝る子で、中学3年生までは20時には就寝していました。
(本当です。中3から夜の九時から始まるラジオを聞くようになり、夜遅くまで起きているようになりました)。

今も可能な限りちゃんと八時間は睡眠をとるようにしています。
睡眠不足になるとすぐにお肌に影響があるのです。
下瞼にクマができやすく、睡眠不足になると下瞼が黒くなってしまって、「疲れ気味?」なんて聞かれたりします。

しかも、吹き出物が出やすくなり、お化粧ののりが悪くなります。
そしたら気持ちが悪くなって・・・と悪循環なので、なるべく良い質の睡眠がとれるように気をつけています。

特に効果的なのが動く事です。
今は週3でエアロビのクラスに通っていて汗をかくようにしています。
更に、ヒマな時間がある時は入浴剤の入った浴槽にしっかりとつかります。
体を芯から温めると、ぐっすりと眠れて目覚めもすっきりです。

美肌作りで考慮している事は、メイク落としとローションのタイミングです。
アイシャドウやほお紅もがっちりと塗っているけど、残業や飲み会後の化粧を落とすのが相当厄介に思えます。

若かった時はあくる日にスキンケアしても大丈夫だったのですが、「新陳代謝」の周期が年を重ねるごとにおそくなってくるので、その時きっちりとオフするか、オフしないで寝てしまうかで、素肌への負荷がすごく異なってきます。

余分な皮脂やメイクやそとで付着した花粉などを取らないで眠ってしまうと、全てのスキントラブルの元になってしまいます。
マスカラ等はそのままゴシゴシ取っちゃうとまぶたなどが黒っぽくなったりするので、アイメイクリムーバーをコットンパフにたらして、ガシガシやらずにじっくりと間をあけてからオフします。

ファンデなどはクレンジングミルクでもって、やんわりとマッサージをするようにオフしていきます。
後はお風呂から出て少し肌にしずくがあるくらいで、即座に化粧水をぬります。
そのときお風呂掃除をしたり髪を乾かしたりとタイミングがずれてしまうと大切な顔が直ぐにかわいてしまいます。
高いローションでお手入れする事も大事かも分かりません。

しかし自分は、肌のモチモチ感は時間との勝負だと考えているので、普段使用するローションよりもいくらか安めの美容化粧水を脱衣所においておき、普通の時より多めにパシャパシャと使用して、絶対に乾かないように努めています。

先ずは「紫外線ダメージを受けないようにすること」をモットーにしています。
元来色白なんだけど本当に最近の夏はカンカン照りが多く恐怖すら感じるので日やけ止め商品を手放す事は出来ません。
自宅に居ても日やけは避けられないらしいので、ごく短時間ゴミを捨てに行くだけでも危ないんだって。

だから日常的には朝は化粧をした後にUVカットのクリームをつけ、一度塗りじゃだめだから幾度となくぬり付けます。
フトン干しのときも紫外線カットの長袖を着用しています。
ハッキリ言って暑すぎてハーフ袖のまんまお出かけしたいと思いますが一度のお出掛けでも軽く日焼けしちゃうのはイヤなのでやむを得ません。

そして入浴時にしっかりとサンスクリーン剤専用の洗浄料を使うこと。
お友だちとはなしていたら日やけ防止剤は使用していてもこれをちゃんと取れる品は使用していないっていう方が沢山いるとのこと(「サンスクリーン」でさえも塗ってないっていう方がいることに仰天したけれど)湯上り後には保湿効果のあるボディミルクを塗る。
安物のボディミルクですけど何もしないよりは本当にマシになります。

参考:ポーラBAライトセレクターの販売店は?新発想の日焼け止めクリーム
URL:https://www.kearneyfoundry.com/